名古屋のショップ・オフィス・インテリアのデザインなら株式会社ImaedaDesign「家のメンテナンスは定期的に!!」ページ

NEWS & MEDIA

ニュース・メディア

家のメンテナンスは定期的に!!

家のメンテナンスは定期的に!!

家の保持にはメンテナンスは欠かせません。
家は購入したら終了ではありません。
長く使用し、快適な空間を維持していかなければなりません。

2009年6月4日より施行された国交省の「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により
推進され、建て替えることなく、定期的なメンテナンスで長く住めるようにし、
解体や建設時発生するCO2及び廃棄物排出の低減を促し環境問題の改善につなげています。

そのため近年の新築では長期優良住宅が多く存在します。
上記でも記載があるように、長期優良住宅は昔に比べ耐久性や性能が向上しメンテナンス期間も伸びてますがだからといってメンテナンスしなくて良いわけでは無く、メンテナンスをしっかり行い住宅を長く持たせるのです。
もちらん、古い家もしっかりとメンテナンスしていれば、より長く住むことが可能となります。

メンテナンスを主に行うべき場所

【目次】

1.『外壁』

2.『屋根』

3.『水廻り』

4.『メンテナンスのタイミング』

5.お知らせ

6.最後に

 

1.『外壁』


 

メンテナンスする箇所はたくさんありますが、比較的メンテナンスが必要となる部分は外壁です。
外部の雨や風を受ける部位・日光が当たる部位や湿気がこもる部位が、傷みやすいです。
外壁の材質にもよりますが、10年あるいは20年に1回はメンテナンスをすると良いと言われています。

外壁のメンテナンスは、色の塗り替えだけでなく、外壁目地部分(つなぎ目)や窓廻りや換気口廻りからの雨水が侵入を防ぐ為に処理された
コーキング部分を定期的にやり替えることが大切です。

外壁の劣化は、サイディング等の材料ですと指でこすると粉がついたり・ひび割れや目地部分のコーキングの亀裂が目視で発見しても
住んでいてもすぐに実害がない為、放置したり後回しにされたりします。
気づいていても長年放置しておくと外壁と内壁の間に水が浸入して、
家の寿命を短くしてしまったり、大がかりな修繕工事が必要となってしまうこともあります。
きづいたら、なるべく早く対処をするのが良いでしょう。

 

 

2.『屋根』


また、雨ざらし・日照りを受ける屋根部分についても同様です。
瓦屋根・折半屋根・コンクリートの屋根等、つなぎ目処理部位や防水処理部位のメンテナンスは必要不可欠です。
屋根の場合は、なかなか確認する手段が難しい住宅もあります。
雨漏れしていれば別ですが雨漏れに至っていない軽微な場合は発見に至らない事もあります。
そんな時は、外壁をメンテナンスする際に、屋根も一緒に確認して劣化していれば一緒に修繕すると良いでしょう。

 

 

3.『水廻り』


住んでいる中で、必要不可欠で使用頻度が高いキッチン・浴室・トイレ・洗面所などの水廻りは、
屋内で傷みやすい場所でメンテナンスも必要となります。
使い続けることで劣化しやすいため、いつかは必要となる水回りの設備機器の入れ替えも
日々の清掃なども劣化のスピードを抑える為の重要なメンテナンスと言えます。

劣化した設備機器を入れ替える際に、給排水管のやり替えも必要なら行い
配管等ひび割れや、詰まりによる水漏れなどのメンテナンスも行うと良いでしょう。
水廻りのやり替えは普段動かすことのない場所のため、衛生面のメンテナンスとしても欠かせないものです。

水廻りの設備機器の不具合は前兆なしで起きたりするため、生活面で支障が出ます。もちろん、メンテナンスしていても
起きる可能性はありますが、可能性を減らすという意味では、設備機器を新調してトラブルの可能性を減らし住宅の負担を減らして長く使えるようにする
工夫も必要かと思います。

 

 

4.『メンテナンスのタイミング』


場所によりメンテナンス時期は住宅の構造種別や設備の種類により異なります。
新築後のメンテナンスは10年から15年程度の周期と言われております。
あくまでも目安の為、建物の立地や環境により同じ建物でも大きく異なります。

一度に多くの場所を同時にメンテナンスすると、費用負担が大きくなります。
また設備機器は同時期に入れ替えると、対応年数が似通っているものが多い為
同時に寿命がきてしまう可能性もあります。
メンテナンスを行う際は、こまめに少しづつ行うと良いでしょう。
何をいつ交換し、次はいつ頃が目安かを整理し把握しておくのもメンテナンスの一つではないでしょうか。

メンテナンスの修繕を行うのは専門業者となりますが、部位の劣化具合はお住いの皆様が一番よく見ている為、早期発見・早期対応が、より長くより快適に住む秘訣ではないでしょうか。

 

 

5.お知らせ


弊社では当ブログでデザイン施工実績を取り上げている他にインスタグラムでも紹介していますのでぜひご覧ください!
インスタグラムのアカウントはこちら
https://www.instagram.com/imaedadesign/

 

 

6.最後に 


最後までお読みいただきありがとうございます。
今回のブログでは、メンテナンスの必要性についてご紹介させていただきました。
住宅は購入時に費用が大きくなりますが、メンテナンスも費用が大きくかかることを知っていただき
メンテナンスも重要で必要なことと思っていただけたら幸いです。

そして、ご自身が住んでいる家を長く快適に過ごせるようにしましょう。

お部屋の間取りを変更や模様替えを検討される際に、お家のメンテナンスについても一緒にされてはいかがでしょうか。

どんな状況でも、皆様に安心していただける素敵な空間をご提案させていただきたいと思っております。 何か、空間(オフィス・店舗・お住いなど)お困りなどがございましたら、一度ご相談くださいませ。 今後とも、弊社(㈱Imaeda Design)を何卒、よろしくお願いいたします。

株式会社Imaeda Design 代表取締役 今枝茂樹 並びに 社員一同

◆◆オシャレな空間づくりのご相談を希望の方はお気軽にご連絡くださいませ。◆◆