名古屋のショップ・オフィス・インテリアのデザインなら株式会社ImaedaDesign「建築・インテリアのコロナウィルス対策に関して」ページ

NEWS & MEDIA

ニュース・メディア

2020.02.25 ブログ

建築・インテリアのコロナウィルス対策に関して

建築・インテリアのコロナウィルス対策に関して

皆様、コロナウィルスの影響が深刻となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか?!
弊社(㈱Imaeda Design)では、建築・インテリアの業界の中でも、事態を深刻に受け止め、対策をさせていただいております。
ご要望に応じて、セレクトさせていただく内装材にも抗菌作用のあるものを選ぶなどの配慮をしております。
また、出来上がった空間に、ご要望に応じて除菌スプレーのプレゼントなどもさせていただきます。
(2/24現在で、先着10組様)
現状の空間で、菌が繁殖しそうな場所などを踏まえ、一部の改装なども是非お気軽にご相談ください。
建材やインテリア関連商品での納期遅延が発生してご迷惑をおかけすることもあると思いますが、
極力、代替品などにてお客様への納期遅延にはならない様に、社内一丸となり取り組んでおります。

 


【目次】

1.コロナウイルスに対する医師の助言

2.コロナウイルスによる肺炎の症状

3.予防について

4.内装材に抗菌作用

 


 

1.コロナウイルスに対する医師の助言

 

3つの助言

 

1.大きさが非常に大きく、(セルの直径は約400-500nm)すべての一般マスク(N95の機能だけでなく)もこれをフィルタリングすることができます。
しかし、感染した人があなたの前でくしゃみをした際には3メートルは離れましょう。気をつけてください。

2.ウイルスが、金属の表面に下がれば、12時間以上生存します。 金属に触れた場合は石鹸で手を洗ってください。

3.ウイルスは服で6-12時間活性化状態を維持することができます。 洗濯洗剤はウイルスを殺します。毎日洗う必要のない冬服の場合、太陽の下に置いてウイルスを殺すことができます。

 

 

2.コロナウイルスによる肺炎の症状

 

3つの特徴ある症状

 

1.のどを先に感染させ、のどが3~4日間持続される乾燥した咽喉痛の感じを持つようになります。

2.ウイルスがコエクに混合され、機関に流れて入って肺に入って肺炎を起こします。 この過程は5-6日が所要されます。

3.肺炎で高熱と呼吸困難が発生します。 鼻腔の混雑は正常な種類と異なります。 おぼれたように息苦しくなるでしょう。
上記症状が発症致しましたら、すぐに医師の診察を受けてください。

 

 

3.予防について

対策方法

 

1.感染される最も一般的な方法は公開的に物を触ることなので、手をよく洗わなければなりません。
ウイルスは5-10分間万手で買うことができるが、5-10分の間いろんなことが発生します (目をこすったり、意図しないように鼻をさわれます)。

2.手をよく洗うことのほかにもBetadine Sore Throat Gargleでうがいをしてのどにいる間、細菌を除去したり、最小化することができます (廃炉を落ちる前)。

 

4.内装材に抗菌作用

内装材には、いくつもの抗菌作用材があるはご存じでしょうか。
今回は壁紙のどんな抗菌作用があるかなどもお伝えしたいと思います。

抗ウイルス:A型インフルエンザウイルス(H1N1)、ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)
抗菌:O157(腸管出血性大腸菌)、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)

上記のウイルスに抗ウイルス・抗菌性能の働きがあるクロスもございます。
知っているだけで今度の壁紙選びをする際に気をつけれますよね。

 

最後に

 

どんな状況でも、皆様に安心していただける素敵な空間をご提案させていただきたいと思っております。
何か、空間(オフィス・店舗・お住いなど)お困りごとが、ございましたら、一度ご相談くださいませ。
今後とも、弊社(㈱Imaeda Design)を何卒、よろしくお願いいたします。

株式会社Imaeda Design
代表取締役 今枝茂樹 並びに 社員一同

 

◆◆オシャレな空間づくりのご相談を希望の方はお気軽にご連絡くださいませ。◆◆